日本人ならではのヒヤリハット集

日本人が間違える英語⑨『~に行ったことがあります』と英語で言う

Yuki:今日もCameronさんにいろいろお聞きしていきたいと思います。

Cameronさん、初めて会う日本人とお話しする時って、必ずどこに行った、とかあそこに行った、とかいう話になると思うんですけれど、

Cameron:旅行の話とかにはよくなりますね。

Y:Cameronさんが「僕、カナダ出身なんだよ」って言うと、「私、カナダ行ったことあります」とか、「カナダはないけどオーストラリアなら行ったことあります」ってなりますよね。

C:昨日ありました、その話。

Y:まさに?!

C:「トロントに行ったことあります。」って。

Y:そうすると、そういう時に日本人がよく間違えるやつがあるですよね。どんな感じですか?

C:例えば、「行ったことありますか?」って聞くときに、質問ですよね。疑問文。だから、

“Have you ever been to Canada?”

答えは、

“I been there before.” 「行ったことあります。」

Y:行った経験があります、ってことですよね。

C:で、これを聞くと、 My question is “Have you ever been to Canada?”. だけど、Yuki先生の答えは、

“I been” “Yes, I been to Canada.” 「行ったことあります。」

“ever”がなくなります。

実際は、(すでに)「行った」ことなので、”ever”はもう使わない。それがよく間違えています。

✖”I have ever been to Canada.”

Y:あぁ、そっか。聞かれたからそのまま(同じ文頭を)言っちゃうんですね。

C:正しい答えは、

〇”Yes, I have been to Canada.”

Y:Everは言わないんですね。

C:でも、ネガティブの時は

“No, I have never been to Canada.”

それはよく間違えていますね。

Y:日本人はよく”ever”を使うけれど、それは疑問、質問の時しか使わないから、行っていても行っていなくても出てこないわけですね。

日本人って、疑問文で聞かれたらそのまま答える、みたいな練習をしているから、習性で”ever”を使うけれど、”ever”はなくす。

じゃぁ、行っていたとすると、その時に日本人が間違えやすいのはありますか?

「行ったことがある」が”I have been to ~ “

「去年行った」は?

C:”Last year, I went to Canada.”

Y: “have been”はどこへ行ってしまったんですか?

C: “I have been”がなくなったのは、”I have been”は「経験がある」なので、”last year” はタイムラインの中の一点なので、だから”I went”。

Y:一地点を過去形として表しているわけですね。

C:もし、「一年間カナダにいました。」という学生の場合は

“I was in Canada for one year.” “I went to Canada for one year.”

“I’ve been to Canada.”は(短期間)行って帰ってきた、ってこと。

Y:一年くらい滞在した場合には”I’ve been to Canada last year.”とは言わない?

C:言わないですね。

Y:日本人は本当に現在完了が不得意なので、行ったことがあるかどうか、経験を聞くときに”have been”を使うんであって、実際に「行った」という一地点を表す場合というのは、過去形ということですね。

C:そうですね。シンプルに過去形でいいですね。

Y:でも、私のおすすめは、こういうふうに聞かれたときはこう答える、って覚えてしまった方がいいかな、と思うんですよね。

「去年行ったの?」って聞かれたら、「行きました」”I went to Canada last year.”

だけれど、もう、「カナダに(そこに)行ったことありますか?」”Have you ever been there” って聞かれたら、

“Yes, I have been there before.” って覚えちゃった方がいいかな。理屈は後からで。

POSTED COMMENT

  1. iris より:

    行ったことがあるかどうかを聞きたいときに、現在完了を使う意味がよくわかりました。経験を聞かれているんですね!
    ネイティブ同士の話を聞いて、have beemを使っていてどうしただろう?と思っていた謎が解けました。

  2. chobi より:

    過去の状態(過去分詞)を所有(have)していると学んでイメージを持ってから、少し楽になりました!ただ、咄嗟の返答は苦手なので、引き続き意識と練習が必要です。

  3. onoryo より:

    確かに英語でよく旅行の話はするのでいつもごっちゃになります。ゆっくり時制を考えればわかるんですけど、会話内でそこまでの時間がないというか…で、なんとなくごにょごにょで誤魔化す><
    パターンで覚えちゃうの賛成です。
    あと「行く」関連でいうと、英語での「come」「go」の使い分けがよくわからなくなるので、もしこのトピックがまだなければぜひ!

  4. Ayumiva より:

    時制に関する文法は時間軸を使ってイメージで覚えるとわかりやすいかもですね。日本語に無い概念なので繰り返し使って腹落ちさせていきます!

  5. kobarika1129 より:

    完了形は経験有無を語るものなのですね。何となく完了形と過去形、現在形を使い分けていたつもりでしたが(学生時代に同様に習っていたはずですが…)、腹落ちしました。海外の方との会話では必ず出る会話ですので、ever.neverの使い方とともにスマートにコミュニケーションしたいです。

  6. audi1622 より:

    疑問文の時はオーム返しにして答えるといいと学校では習いました。
    なので今日の対談はとても勉強になりました。でも、何回も練習して覚えないとだめですね。
    “Have you ever been to Canada?”
    ”I have ever been to Canada.”
    〇”Yes, I have been to Canada.”

  7. hanna より:

    ですね。覚えました。そしたら、質問もできます。英語は暗記だ。

  8. Banana より:

    そう思います。パターンですから。理屈抜きに覚える。
    たくさん有りすぎ(笑)

  9. Missy より:

    これは、本当にYukiさんの言う通り、理屈で考えず
    パターンとして覚えてしまった方がいいですね。
    でも、Cameronさんが、指で、過去、と
    ポイントして、その時点だからI went を使うというのは
    分かりやすかったです!

  10. chobi より:

    現在時制と過去時制がごっちゃになること、よくあります。まずは覚えることが必要ですね!エポケーしてとにかく覚えるようにします。

chobi へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA