Yuki:今日もCameronさんに日本人が間違える英語を聞く感じです。

もうかれこれ3時間、3時間半くらい動画を撮っているので、声がかれてきているんです。

Cameronさん、調子はどうですか?

Cameron:私は大丈夫です。

Y:元気ですね。で、これが終わったら、私たちは家に帰るわけですけれど、家に帰るときの英語って、日本人がよく間違えちゃうんですか?

C:間違えます。

Y:どんな感じで間違えます?

C:結構、考えてみると、場所に行くときに”to”を使いますね。”to”、”in”、”at”とかもよく日本人が困っているところなんだけれど、例えば、

“go to the back.”、”go to the office.”、”go to school”

(✖)”I will go to home at 6pm.”

But! 家に帰った時は、

(〇)”I will go home at 6pm.

Y:”to”は入れない。

C:”to”は入れない。使わない。

Y:でも、”to”を入れる人がいっぱいいるんですか?

C:います!

Y:”I go to home.”

C:I finished work, I going to home.

Y:あ~、なんか覚えちゃいそう。(間違いなのに・・・)

C:I’m going to my home.とか。

Y:あ~、言う、言う。(間違いです。)

そうなんですよ。で、一応、教科書的な説明だと、”go to school”の”school”は「名詞」だけど、”go home”の”home”は「副詞」で使っているので、”to”が入らない、ということなんです。

これ、ネイティブの人としゃべっていると不思議で、ネイティブの人って、ルールとして覚えているから、文法的な説明って、わからないんですよね。

C:それ言ったら、言えなくなる。

Y:日本語を私たちが文法で説明できないみたいな。

C:この”going to home”は、よく小さいことで、見逃すとか、聞き逃すとかあるんだけれど、なぜかわからないけれど、”go to home”は外国の方の耳にはすごく目立つ。

Y:へ~。そうなの?

C:だから本当にホントに、悪くはないんだけど、はみ出る。”going to home”は、この人の英語の能力はあまり高くないと思っちゃうの。だから、これを覚えておきましょうね。

Y:そうですね。ここ、押さえどころですね。

C:I’m going home.

Let’s go to the hotel. But, I’m going home.

Y:(〇)”I will go home at 6pm.

C:”my home”は言わなくていいんです。

“home”は、自分の住むところ。

Y:あ、そっか。”I will go home.” あ、そもそも”my”が入っているのね。

C:”home”=”my home”

“my”も”to”もいらない。

これから何する? ”I’m going home.”

Y:なるほど、そんな感じです。そして押さえどころですね。

そんな感じで、ぜひ使ってみてください。

 

こちらも是非ご確認下さい!

TOEIC 800点 勉強法 日常英会話

それでは以上です。