Yuki:今日もCameronさんと日本人がよく間違える英語をやるんですけど、今日のは結構深いですね。So deep today.

あなたの予定次第ですよ。っていう、ビジネスとかでのやり取りであると思うんですけど、そういう時に使う前置詞がいろいろあるというやつです。

Cameron:「あなた次第」「あなたによる」みたいな感じで、

“It depends on your schedule.”

Y:これ、学校で習っていますよね。TOEICにも出てきますし。

C:”depends on your・・・”

Y:そう。「あなた次第よ」

もしくは、”It depends on your schedule.”って言ったら、「あなたのスケジュール次第ですよ」って感じになるんですけれど。

そこ、落とし穴があるんですよね。

C:そう。あの~、

(✖)”It depends upon your schedule.” はよく聞きます。

Y:”upon” ”on”じゃなくて、”upon”を使う人がいる。

C:面白いところは、「誰かに頼る」っていうのは、

“I depend upon him.”とか、”I depend upon her.”、”Child depends upon her mother.”とか。

その場合は”depend upon”が使えるけれど。

これは本当に深いんだけれど、微妙な話なんだけれど、”depend upon”はちょっと古い。

Y:古い。日本語で言うと文語的。

C:なので、時代遅れみたいな感じ。もしくはこういう表現を使う日本人が外国人と話をすると、お年寄りの先生でしたか?って(思われる)。

Y:なるほどね。お年寄りって、どのくらいのお年寄りでしょう・・・。今2017年ですけど。

C:そうね~・・・。70歳?

Y:70歳の英語の先生に教わった!?ってなっちゃうの?

じゃぁ、Cameronさんのご両親世代のちょっと上くらいで、”depend upon”を使っていた?

C:使ってます。

Y:英語も新陳代謝するんですね。

C:変わります。やっぱり変わります。でも、日本語みたいにはそんなに変わらない。

辞書とかを見ると、ある言葉を調べて、元はこういう表現、この言葉を使っていたけれど、今はこう、みたいなのとか。

 (〇)”It depends on your schedule.

Y:辞書とか調べたら、”upon”が出て来ちゃうと思うんですけど、使わない。今は使わない。

やっぱり辞書って、ある程度時々買い換えないといけないってことですね。

 (〇)”It depends on your schedule.”

 ”on”を使ってください。

 

こちらも是非ご確認下さい!

TOEIC 800点 勉強法 日常英会話

それでは以上です。