Yuki
今日も、Cameronさんにいろいろ聞いていきたいと思います。
読者さんからの質問は、
子供に、「だからいったでしょ!」って言いたかったんですって。
で、彼女の頭に思い浮かんだのは、
”Just I told you!”
だそうです。これ、あってますか?

Cameron
近い!本当に近いです。

Yuki
では、本当にリアルネイティブの人たちがなんて言うかをCameronさんにお願いします。

Cameron
たぶん、「だって」っていうのが”Just”になっているんですよね。だけど子供に注意をする時は声のトーンも使って


“I told you so.”(だから言ったでしょ)


Cameron
これを声のトーンを変えて言います。
”I toldyou so.” 
「だって」が含まれています。

Yuki
あぁ、そっか。「だって」を英語にしないで、言葉の抑揚で表現するんですね。

Cameron
そう、言葉で。例えば、
”Don’t touch that. Don’t touch that.”
(触っちゃダメ。触っちゃダメ)
“eek!”(痛い!)
“I told you so.”(だから言ったでしょ)という感じ。

Yuki
なるほど。

Cameron
“told”を強く言うと“I told you so.” その中には(聞いてくれなかったでしょ?)って含まれている。

“But, you didn’t listen to me,did you.”みたいな感じ、(だけど、あなたは聞かなかったでしょ)が含まれているね。

Yuki
英語ってけっこう全部言葉にはしないで、表現で意味を含むことがありますよね。

Cameron
そう、言葉を強くしたり、弱くしたり、イントネーションのUpDownとかで。
子供を注意したかったら、”I told you so. “で言えてしまうんですね。
あとは例えば「言ったじゃないですか?!」は“Didn’t I tell you so?!”
みたいな感じですね。

Yuki
声の抑揚を使う。ちょっと強めに言うのも大事なんですね。

Cameron
”Told”を強くする、それで「だって言ったでしょ!」となるんですね。

 

Yuki
言う内容だけではなくて、声にエネルギーを乗せるという。日本語にない概念なので、ぜひ覚えていただければと思います。

Cameron
怒ったままにしないで、子供を愛してください。
“I told you so.”  そして、「愛してるよ」というのが大事。

Yuki
確かに。

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC800点勉強法 日常英会話