Yuki:今日もCameronさんに読者の方からの質問をいろいろ聞きたいと思います。

今日は久しぶりに旅行系です。

「ホテルで部屋の鍵がかからず、シャワーヘッドがなかった」

どこ行ったんだろう・・・!?

Cameron: Japan is safe country. 多分、日本ではない。

Y:それを英語で言いたいと。多分、フロントに訴えたいんだと思います。で、この方が言ったのは、

“No shower head my room. My room key broke.”

と言ったと。

C:”My room key”は最近カードキーがあるんですよね。それが最近増えているから、僕もありますが、財布の中とかで、クレジットカードの横に入れておいて、磁気がおかしくなったりするから、使えないとか。そういうのはありますよね。

でも、”key is broken.”だから、鍵を入れて、ガチャ!って(壊れた!!)感じ? でも、おかしくない。

Y:質問者さんの英語、通じますよね?

C:通じます。これが、これが”Pigeon English”、変な表現だけれど、「鳩の英語」みたいな。ちょこちょこちょこみたいな感じ。鳩が食べる時みたいに。”Pigeon English”は元々中国、香港からあったんです。

 昔の外国の人が例えば香港に行きました、道を歩いていて、露店があるじゃないですか。その時は経済がまだ香港中国とかは高くはなかったから、みんな商売商売、売りたい、売りたい、買ってほしい買ってほしい、と言う感じがあったので、ちゃんと自分の品物を伝えないと買ってくれない。

 でも、英語は完璧に話せない。だから一番大切なこと、例えば、”Hello, hello. This beer…black…”ですね。そんな感じで、これは差別ではないんですけれど、本当に単純なキーワードを使う。

 その間に、小さい言葉、”Excuse me miss. Here is the beer for you. It matches your dress. Would you like to buy it? How much will you pay.” それだったら逆にわからなくなってしまう。

 (伝えるための)キーポイントは、「呼ぶ」「色合い」「もの」「いくら」だけで通じる。これが”Pigeon English”

  海外に行ったら、基本的な言葉を使えば多分通じると思います。

  これで(質問者さんの英語)でぜんぜんわかります。通じます。

 もっと完璧な文章を作りたかったら、例えば、

“There is no shower head in my room. My card key is broken.”

Y:過去分詞ですね。

C:Yes.

Y:こうなるとより一層わかりやすいかなと。

C:でも、(質問者さんのものも)いい表現です。

Y:質問者さんの文でぜんぜん通じるからいいかな?って気もします。

C:それで「通じた!」ってなったら自信になって、それでさらにまた自分の頭の中にある英語を使ってみたくなるじゃない?それがキーポイントですよ。

Y:そうそう。そっちのが大事だと思うので、これで大丈夫。事実通じると思いますから。

旅行は楽しむことが大事なので、とりあえず”Pigeon English”でも使ってほしいです。

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC800点勉強法 日常英会話

それでは以上です。