Yuki:今日もCameronさん、グリーンのシャツが似合ってますね。

Cameron:ありがとうございます。

Y:Cameronさんは色合いのチョイスがいいですよね。

今日も読者の方からの質問に答えていただく感じなんですけれども、

IC専用の自動改札で切符を持っていて入れず、おろおろしていた外国人夫婦、もしくはカップルに、「こっちの改札機から入れますよ」と言ってあげたい。ということらしいです。

C:IC専用が増えていますよね。だから、切符を入れるところがいずれなくなるんじゃないかな、って思いますよね。公衆電話と同じで。

Y:でもまだちょっとは残っていますからね。

C:ちょっとだけ残っているけど、切符を買って来るときに、どこに入れればいいか…ってなりますよ。僕はIC使っているからその場所にはいかないけれど、外国の人はIC持っていないから、苦労して切符を買って、苦労して切符を入れることになっているから、大変だと思うんですよね。

Y:確かに。

C:そういうことがあるから、改札で正しい切符用の改札がこっちにあって、外国の方がうろうろしてる時のためにとてもいい質問だと思います。

Y:Cameronさんなら何て言ってあげますか?

C:その時はまず人を呼ぶ。”Excuse me?”とかね。たぶん、困っている人がパッて見るね。

ちょっと寄り道しますけど、”Excuse me!”は「(呼び止めるための)すみません」と「(謝罪の)すみません」同じような表現で使えるんですよ。だから、人を呼ぶときは、”Excuse me.”を使う。それからぶつけてしまった時は”Excuse me.”って言う。

(本題)”Excuse me?”で呼ぶね。そして、パッと(相手が)見るね。その時に。

“You can enter with your ticket, here.”

Y:すごいシンプルですね。

この方はちなみに、”Excuse me.”どころか、「はい」の言葉も出てこず、眼力でこちらを振り向かせて、人差し指で改札機を指さしながら、”Here!”としか言えなかった、とのこと。

せっかくいいことをしておきながら、未だに悔しくてたまらない1年前くらいの出来事です。ということです。

わかる~。

C:今笑ってるけど、わかる、わかる。

Y:私たちでも「うっ」ってなる時ありますもんね。

C:もっと省略したかったら、

“You can enter here.”

これは使えますよ。

Y:多分、日本人は「ここから入れます。」なんで、”from here”とか、”form”を入れたくなると思うんですけど、”from”は入れない?

C:入れない。

Y:”You can enter here.”

じゃぁ、「あそこから入れるよ」だったら、”You can enter there.”なんですか?

C:そう。

Y:これがリアルEnglishなんですよね。

C:”You can enter here.” 「ここ」

   “You can enter there.” 「そこ」

   “You can enter over there.” 「あそこ」

基本的なことですよね。

Y:そんな感じで覚えてください。これ、すごくいい質問でしたね。ありがとうございました。

C:役に立てば!

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC800点勉強法 日常英会話