Yuki:今日もCameronさんに日本人の読者の方からのお悩みを。

すごいいい企画だなと思い始めてて。なんか、楽しくないですか?

Cameron:楽しいですね。

Y:でも、なんでCameronさん、楽しいんですか?私が楽しいのは、私も昔悩んだなとか、私も確かにわからないなとか直接聞けるから楽しいんですけど、Cameronさんなんで楽しいんですか?

C:このことですか?なぜかというと、私が28年前にこういうことがあったなぁ、とか。僕はその外国人だったんですよ。だから例えば、改札口でどこから入っていいかわからないとか・・・

Y:ラーメンの硬さが言えないとか。

C:なんでぼくはこれしか頼めないのに、そっちのがおいしそう、どうすればいいの?とか。僕はその外国の人だったんですよ。

Y:なるほどね。だから。

C:そう。だから、こういうYukiさんの生徒さんはこういう経験があって、助けてあげたいとか、言いたかったけど言えなかったとか。私がそこにいたんですよ。

Y:じゃぁ、今度、Cameronさんの経験を元に、日本に来た外国の人の困っていることを徹底的に私たちが英語を覚えてつぶしていくっていう企画をちょっとやりましょうよ。

C:そうだね。そうしましょう!

Y:無尽蔵に出ません?こんどリストアップしておいてください。

C:わかりました。

Y:で、今日の質問は、相手がちょっとしたミスをした。例えば、私物を使って返すのを忘れてしまった、とか。名前を間違えちゃったとか。別々のこと。それに対して、

「大した事じゃないから気にしすぎないでね。」と言ってあげたかった。

で、この方は、”Don’t worry about it. That’s all right.”とか言ったと。

「ごめん」と言われると、咄嗟にこちらも謝ってしまいそうになります。卑屈になったり、遜りすぎず、「次気をつけて」、「気にしないで」ということを言いたい、ということです。

C:そうだね。「ごめん」とか言うと、深い話になってしまうので、なんて言うか、「お詫び」? 「もうしわけありません」みたいな。小さいことは「あ、ごめんね~」みたいな感じで、「あぁ、気にしないでください」とか。

私は昔福井県に住んでいたんですよ。地方にはいろんな方言がありますよね。

よく覚えているのは、ちょっと間違えた僕に、日本人が、「な~も、な~も。」といったんですよ。

何もない、気にしないで、という意味で。福井弁で、本当に軽く。

これ(この質問)はすごくいいですよ。小さなことなので。小さなことで「ごめん」みたいなことを言う。軽く。

“Don’t worry about it.” “It’s not a problem.” “It’s not a big deal.”

Y:なるほど。これって、何を言うかというより、態度で示してあげるのも大切ですよね。

「気にしない気にしない。全然いいよ~。」みたいな。

それと同じことをすれば、質問者さんの言ったことで全然問題ない感じですよね。今日は以上です。

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC800点勉強法 日常英会話