Yuki:今日もCameronと一緒にお送りします。

 今日の質問は、「お疲れ様。仕事頑張ってたんでしょ」と仕事帰りに待ち合わせをして、ねぎらいの言葉をかけたかったけれど思い浮かばなかった、ということです。

 お互いに仕事が終わって、集合して、これから飲みに行きましょう見たいな感じの時に、「お疲れ様。仕事がんばったね~。」「今日も大変だったね~」みたいなことを言いたいらしいけど、思い浮かばなかったと。

Cameron:思い浮かばない理由は、理解できる。「お疲れ様」という表現は英語には無いの。

Y:あ、そうなの。

C:ない。だから、(日本語のお疲れ様は)すごい便利な言葉です。便利な表現ね。

Y:「お疲れ様」が?

C:心を込めて、言えばいいんだけれど、逆に、(何かをしながら)「お疲れ様」だったら、あんまり・・・

 でも「お疲れ様!」はいい表現。

 わかった!その表現をこれから英語に入れましょう。

Y:日本人が作っていくってこと?

C:これから、英語じゃなくて、これから

Y:そのまま使っちゃえばいいんじゃない?

C:台風、津波、改善、寿司とか。「お疲れ様~」みたいな感じで。

Y:私もすごいいいと思う。

C:がんばって、外国人に「お疲れ様」って。多分日本だったら、みんなが聞いていると思うので、「お疲れ様」は「お疲れ様」だよ、って。こういう言葉は英語には無いよ、って。だから、気持ちで覚えましょう、みたいに伝える。

Y:アーバンディクショナリーに「お疲れ様」を加えておきましょう。

C:アーバンディクショナリー好き?すごいくだらない言葉がたくさんあるね。笑

Y:すごく丁寧にみんな書いてある。すごい勉強になる。

C:僕、アーバンディクショナリー調べたら、ほっぺたピンクになる。「えぇ~こういう表現なの!?」って。

Y:そうなの?Cameronでさえも!!

C:「お疲れ様」って、そんな時は、

“Work’s finished!”

 あぁ、よかった、みたいな感じで、

Y:「仕事終わった~!」みたいな感じ?

C:そう。

Y:”Work’s finished”って、あなたの仕事が終わった場合も言える(使える)の?

C:そう。”Work’s finished”ね。あなたの仕事、私たちの仕事、「仕事終わったね」みたいな時には使える。

 で、「今日は忙しかったね~」は

“You seemed really busy today.”

Y:忙しかったように見えるね。ってことですね。なるほどね。

C:実際その人が忙しかったかどうかはわからないから、外から見てるだけなので、”seemed”「~に見えた」を使う。

“You seemed tired today.” “You seemed happy today.” “You seemed frustrated.”「イライラする」とか。

Y:なんかこう、「お疲れ様」っていう日本語を何か忠実に探すというよりも、忙しかったけれど仕事終わったよね、っていう状況を英語で説明してあげるような感じ?

 だって、ないんだもの、「お疲れ様」って。

C:「お疲れ様」”Good see you.”

Y:”Good see you, again.”

 そんな感じで。今日の動画は以上です。

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC800点勉強法 日常英会話