(前半はCameronの健康診断の結果とそれにかかわる英語の雑談です。質問への回答内容は4:53頃から始まります。)

Yuki:カフェで接客中の質問です。この方、私知っている方なんですが、関西国際空港あるでしょ?あそこのTully’sで働いているのね。で、外国の方がいっぱい来るんだけれど、英語を喋れるのが彼女しかいないから、一挙に(接客を)引き受けていたらしいんです。で、

「会社のルールなので、それは出来かねます。」と「私たちは責任を取ることができません。」

とお断りしたいと。

C:なるほど~。

Y:例えば、外国のお客さんが空のカップが欲しい、ハサミを貸して、とか言って来るんですって。荷物をちょっと預かって、とか。

 そういう外国のお客さんの若干アグレッシブな要求に対して、「いやいや、当社では無理なので、」って英語で言いたい。

C:それで、ストーリーがわかってきた。それだけ読むと浮かばなかったんだけれど。

Y:会社のルールで無理です、ってこと。

C:“According to the company’s rules, we aren’t allowed to do that.”

Y:”we are not allowed to do that”

C:”we aren’t allowed to do that” 「会社の規則」「会社のルール」によって、”According to the company’s rules,”

Y:これ、丁寧?

C:丁寧だよ。だけど、「会社によって」は言わなくてもいいと思うんだけれど。

 ”I’m sorry, we can’t do that.”で十分だと思います。 で、なぜかというのは、ニュアンス的なことかもしれないけれど、一対一は普通はYouとIを使うでしょ?だけど、例えば、

 ”Can you keep this for me?” で、”I can’t.”だったら、個人的な断りだけれど、”I’m sorry, we can’t.”と言うと、「会社の立場はできません。」になっちゃうの。

Y:なるほど!

C:面白いね。

Y:超いいこと言うね、Cameronさん!

 私みたいに一人だけの会社の場合はどうしたらいい?

C:”we”を使えば会社の方針になる。

 ”I can”と言うのは個人的なこと。で、ビジネスの場合だったら、だいたい”I can’t do that.”と言ったら、鋭い人だったら、プッシュする人、結構プッシュする。僕もプッシュしたい。

Y:私もしたい。

C:じゃぁ、できなかったら、あなたのマネージャーにまわしてください、マネージャーに聞いてください、「あなた」はできないかもしれないけれど、マネージャーに聞いたらできるかもしれません。だから、聞いてください、みたいな感じになるね。

Y:そうね。

C:でも、”we can’t do that.”が会社の方針になっちゃう。

Y:なるほどね。すごいわかった。

 だからこれ、日本人だと、「会社のルールで」という時点で、”our company’s rules”が浮かんでしまうと思うんですけれど、”our company’s”って間違ってはいないけれど、”we”を使えばいらないってことなんですね。

 会社のバリューっとかってあるじゃないですか。”our values”って言うのは、そういうことなのね。

 海外の会社、グローバルカンパニーのFaceとか見ると、必ずその自分たちの会社の価値観とか、ビジョンとかあるじゃないですか。その時、”our”とか”we”とか使っているのを直に見て欲しい。

C:“We can’t take responsibility.”

Y:「責任を取る」は”take responsibility”

 絶対”responsibility”の発音ができないと思うので、”responsibility”の口を見せてもらっていいですか?

 たぶん、後半ができないと思うんですよ。”ty”の時にね、めちゃくちゃこう(口が横に広がる感じ)になってるんですよ。

 今日はいい話でしたね。「会社」って時には”we”を使うという言い方。

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC800点勉強法 日常英会話