Yuki:今日もCameronさんと一緒に読者の方の質問に答えていく感じです。

 今日はCameronさんはキルトを着ていて、Cameronはアイルランドの人というわけではない?

Cameron:お父さんの方の先祖はね。アイルランド系。

Y:関係なく、キルトが格好いいと思ってきている。

C:そうです。

(文化に関する雑談です。)

Y:今日の質問は、友達の依頼で、ある外国の方が来て、一般家庭でオーソドックスな日本の昼食を食べようという企画があったと。で、それを作るために、エプロンを渡したら、ブラックのキャラクターの顔の付いたバーバママだったと。で、その外国のお客さんが黒人女性だったそうで。

 彼女(お客様)はすごくかわいいと喜んでくれていたけれど、似てますね、とは失礼だから言えないし、褒めようとしたんだけれど、似てると言っては失礼なので、言葉が浮かびませんでした。

 「とてもかわいくてお似合いですね!」と言いたかった。

C:このストーリーすごく面白い。

 僕だったら、「え(汗)。」って感じになっちゃうと思う。

Y:バーバママっていうなんか、粘土みたいなキャラクターがいるんですよ。

 バーバママは黒いからね。

 これ、質問というよりも、どこまで言っていいかわからない、って意味もあると思うんですよ。

 なんていうか、難しいですよね。ブラックの感じって。これがバーバファミリー。

 (参照:画面左下)

 シンプソンズも黄色でしょ?あれで一時期もめていたじゃない。

C: She looks like you.

Y:黒人の方に、この絵を見て、”She looks like you.”って言ったら失礼?Cameronだったらどうですか?

C:難しいね。微妙だね。

Y:だから、”She looks like you.”というのは言わない方がよかったとして、もともと言いたかった、「とってもかわいくてお似合いね。」って言うのはなんて言ったらいいですかね?

C:“That looks great on you!”

Y:”That looks great on you!”

    “on you” 服装の時は”on”なの?

 でも、”lady in red”って歌があったじゃない。

C:That’s because, she is in a red dress.

Y:え?じゃぁ、この”on”はなに?

C:red dress is on her.

Y:”on her”? あ、主語が違うから!

 dressは彼女の上にあって、彼女はdressの中にいる。

 そう。服装って、いつも前置詞がつらいんですよ。だからこれは、”That looks great on you!”でよかったわけですね。これは覚えてください。

 で、バーバママが黒くて、黒人の方に似ているね。というのはちょっとギリギリな感じがするので、この場合はちょっと使わずに単純にお似合いですよ、と。

C:スマホとかで見せて、説明した上なら使えるけどね。

(話が変わりますが、)

Y:「バッキバキ」って英語でなんて言うの?

 筋肉がガチガチに、perfect bodyな感じ。

C:“amazing body”ね。

Y:日本語の擬音語ってあるでしょ。そういうのの英語ってないんでしょ?

C:擬音語、無いね。説明をする。

 だから日本語はすごく面白い。

Y:面白いし、難しいのよね。

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC800点勉強法 日常英会話