Yuki:今日はですね、猫の手も借りたいくらい忙しかった時に、助けてもらったり、外国で分からないことに出くわしたりして優しくしてもらって助かった時とか、電車やバスに乗り遅れそうになって滑り込みセーフ「あぁ、助かった」という場面。

Cameron:”Thank you so much!” ね。

Y:日本語では「助かった~」って言うけど、英語ではどういうのかな?

C:“You saved my life!”

Y:”You saved my life!”って言うの?

 全然誰にも助けてもらっていなくて自分の力で走って滑り込み電車に乗っても”You saved my life!”って言うの?

C:No。Youは居ないから。

Y:でしょ?誰かに助けてもらって、「あ~助かった」って時は”You saved my life!”っていうのね。

C:そう。

Y:じゃぁ、電車に駆け込んだときは?

C:電車に駆け込んで、助かったって時?助かったって言うの?

Y:言わない?じゃぁ、助けてもらって、助かった時は”You saved my life!” ”saved”過去形なのね。

 日本人て、”saved”って過去形の”ed”が全然聞こえないので。

C:その”d”はあまり聞こえないんだね。

Y:親切にしてもらったことが人生をすくってくれたくらいの表現で言うんですね。

C:あぁ、ギリギリの場合だったら、“That was close.”

Y:あぁ、確かに。

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC800点勉強法 日常英会話