shutterstock_429896122

今日のフレーズ

Have you done your work? – I just wrap it up.
「仕事終わった? – 今終えるところ」

フレーズの説明

授業後、先生同士でどこかへ用事で行くらしく、1人の先生がもう一人の先生に声をかけていた時の会話。wrapは「巻く、包む」という意味で、wrap up で「まとめる、終わりにする」という意味になるようです。

上記の文章の場合、finishでも十分話は通じると思いますが、wrap upを使うと、仕上げる・滞りなく丸く収めるというニュアンスになると思います。オフィスでも「we need to wrap up this paper by tomorrow(明日までにこの書類を仕上げる必要がある)」などと言えるのかなと妄想しました。

また、英語の教科書を見ると、1つのテーマの始めの簡単なエクササイズを「warm up」最後のまとめを「Wrap up」と言っているのものがあり、このようにも使うみたいです。

Update information

ここで、ネイティブに聞いたる上記以外の【完了する時に使う英語表現】をご紹介します。

It’s coming to an end.(もうすぐ終わるよ)

That’s a wrap.(これでおわり)

We are about to wind-up.(もうすぐ店じまいだよ)

It’s the end of the line.(もうすぐ一段落だ)

色々なバリエーションを使えるようにしておくといいですよね。

 

message

ここで、上記以外で【完了する時に使う英語表現】をご紹介します。

I’m just wrapping this up.(もうすぐおわるところです)

I’ll be done shortly.(もうすぐおわるところです)

Almost done!(もうほぼ終わりです)

 

こちらも役立つフレーズが満載です。是非ご確認ください

TOEICで旅行英会話

それでは以上です。