最近ちょっと猫背になり気味なので背筋をまっすぐに伸ばして今日も話していきたいと思います。

パソコンをしている方、皆さん気を付けてください!絶対猫背になっていると思います(笑)

今日のフレーズ AのあとにすぐBが続く

Yuki
  A  be followed (directly) by B(AのあとにすぐBが続く)

 

「follow」というのは、Twitterでフォロワーっていますよね?

追っかけている人、動向を見ている人という意味なので「follow」ていう言葉を使うと、AとBがあったらBがAをfollow しているみたいな感じになるんですね。

応用文を聞いて確認してみましょう。

応用文 今日のレクチャーが終わったらすぐにキム博士の歓迎会が始まります

Yuki

Today’s lecture will be directly followed by a reception for Dr.Kim.

(今日のレクチャーが終わったらすぐにキム博士の歓迎会が始まります)

 

 

Today’s lecture 今日のレクチャーがあって、そのあとにDr.Kimの reception party がすぐ続くよと言っています。

つまり、今日のフレーズのAがToday’s lecture で、Bの部分が a reception for Dr.Kim になります。

 

レクチャーが終わった後にすぐDr.Kimの reception partyが始まるよという意味になって、directly がついているので、すぐに直接、間を開けずに続くという意味になります。

これですね、TOEICでスピーチ系のやつで出てきます。

Part7として、今日はご紹介してますがリスニングでも出てくるかな?という気がします。

ぜひ声に出して自分で発音を確認して、音でも覚えていただければというふうに思います。

まとめ

今日のフレーズはこちらです。ぜひ活用してみてください!

A  be followed (directly) by B(AのあとにすぐBが続く)

Today’s lecture will be directly followed by a reception for Dr.Kim.

(今日のレクチャーが終わったらすぐにキム博士の歓迎会が始まります)

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC長文の勉強方法

それでは以上です。