今日もTOEICには関係ないけれど、夏に関連することを英語で言えるようになりたいと思います。

今日は「縁日」を説明します。そうですね、そもそも「縁日」って何なのよ、って感じなんですが、その、行って、なんかこう鮎の塩焼きとかそういうものを食べるだけじゃなくて、そもそもの意味みたいなことをちゃんと説明できるようになるとカッコいいかなと思うので、クローズアップフレーズは特に用意せず、もう応用文即行でいきたいと思います。

今日の応用文

Every local shrine holds festivals to celebrates Shinto gods, and to pray for prosperity and good harvests.

(どの地域の神社もお祭りを開催して神様をたたえ、繁栄と豊作を祈願する)

要はこの「縁日」って神道の神様をお祝いすることと、あと地域の繁栄と収穫が良くなることっていうのを主にお祝い、というか、お願いするためにお祭りしていますので、「縁日」っていう言い方って、楽しい!っていう以前に、その宗教的な意義というのはこういうふうに説明することができます。

応用文の説明

hold=開催する

celebrate=たたえる、式典を挙行する、祝杯を挙げる

ただのセレブリティーのチャラチャラしている感じじゃなくて、こういうちゃんとした意味もあります。

Shinto Gods=神道の神様たち

pray for prosperity、pray=祈る、prosperity=繁栄

good harvest=収穫がいい

これでかなり、そんなに「縁日」って意味があるんだなぁっていうことがネイティブの方にも伝わると思うので、ぜひそんな機会がある方は今日のフレーズというか、長文を覚えていただいて説明に使っていただければというふうに思います。

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC長文の勉強方法

それでは以上です。