今日もTOEICには関係ありませんが、夏に関連することを英語で言えるようになりたいと思います。

今日は「縁日」を説明します。

「縁日」の本来の意味をちゃんと説明できるようになるとカッコいいかなと思いますので、フレーズは特に用意せず、応用文に即行でいきたいと思います。

今日の応用文 どの地域の神社もお祭りを開催して神様をたたえ、繁栄と豊作を祈願する

Yuki

Every local shrine holds festivals to celebrates Shinto gods, and to pray for prosperity and good harvests.

(どの地域の神社もお祭りを開催して神様をたたえ、繁栄と豊作を祈願する)

 

 

縁日」は神道の神様をお祝いすること、地域の繁栄と収穫が良くなることをお祝いとお願いするためにお祭りしていますので、「縁日は楽しい!」の前に、その宗教的な意義を応用文のように説明することができます。

応用文の説明 

hold=開催する

celebrate=たたえる、式典を挙行する、祝杯を挙げる

セレブリティーのチャラチャラしている感じではなく・・このような意味もあります。

Shinto Gods=神道の神様たち

pray for prosperity、pray=祈る、prosperity=繁栄

good harvest=収穫がいい

今日の応用文で、「縁日」の本来の意味がネイティブの方にも伝わると思いますので、ぜひそんな機会がある方は、長文を覚えて説明に使っていただければと思います。

まとめ

今日のフレーズはこちらです。ぜひ活用してみてください!

Every local shrine holds festivals to celebrates Shinto gods, and to pray for prosperity and good harvests.

(どの地域の神社もお祭りを開催して神様をたたえ、繁栄と豊作を祈願する)

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC長文の勉強方法

それでは以上です。