今日もTOEICの主にリーディングのところにでてきそうなフレーズをご紹介していきます。

日本ってあんまりないんですけど、海外ってスピーチ文化があってアメリカは小学生、下手したら幼稚園のときからパブリックスピーキングっていって、人前に立って、人に影響を与えるinfluenceするスピーチをするように教育しているみたいなんですけど、日本人はなかなかそういう文化がないので社会人になってから必死になって追いついていくような感じがします。

私も会社に入って外資系の会社に入って初めてそういうことを一生懸命考えたりして勉強して、人前だけでなく、外国人の友達の前でも話せるようになればなぁと思いながら、いろいろやってきました。

そんな前置きなんですが それをイメージしながら覚えていただければなと思います。

今日のフレーズ

A keynote speaker(基調演説のスピーカー)

keynote speachというのをよく基調演説といったりするんですけど、keynote speakerで基調演説のスピーカーとなります。 普段はあまり使わないと思うんですけど、 TOEICでこれが流れてきたり、書いてあったりしたときにkeynoteってなんだっけ?とならないようにしっかり覚えていただきたいなと思います。

今日の応用文

“The keynote speaker at the conference will be John Wilson.”

(会議の基調スピーカ-はジョンウィルソンになるだろう)

will beなので未来です。ポイントは前置詞が不得意な日本人にぜひ覚えてほしい at the conference、会議でというときに、atを使うのがポイントかなと思いますのでこれもセットで覚えていただければなと思います。

英語を勉強しながら、 TEDとかみながらやっていると、同時にアメリカ人のうまいスピーチもインストールできるので、ぜひ文章だけでなくていい媒体を使って勉強いただければなと思います。

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC長文の勉強方法

それでは以上です!