今日は会社勤めの方とかが主に使うかなというTOEICのフレーズなどなどです。

 

例えば、交際費とかそういうのを会社で申請するときって

理由が必要だと思うんですよ。

理由とか参加書とか。

昔は湯水のごとく使っていたみたいですが、今はやっぱりね。

その時に私は外資なんですが、英語で書かなきゃいけなかったりする時ってあるんですね。

そんな時に役立つかなと思います。

 

例えばあなたがクライアントと食事をしたいと。

理由を書くためにクライアントと良好な関係を築くためだ、

みたいなことを言うのに今日のフレーズが使えます。

 

今日のフレーズ

“foster a relationship with~”(~との関係を発展、向上させる)

 

フレーズの説明

日本語だとフォスターって言いますね。

フォスター・チャイルド・プログラムとかってたぶんあったと思います。

お子さんとの関係を良くする、どっかに寄付するやつだったと思いますが。

 

何か人間関係的なものを発展させるっていうのはfosterって言います。

で、relationship with~で ~との関係を、ですね。難しいです。これやってみましょう。

 

それでは、応用してみましょう。

 

今日の応用文

“We’d like to foster better relations with our clients.”

(顧客との関係をよりよくしたい)

です。

 

舌噛みそうですね。

foster relationsの間にbetterが入っています。

これで関係をより一層良くするっていう意味になります。

関係をよりよくするためにfosterしたいということですね。

 

このwithの前置詞、これを忘れないで使っていただければ。

大体relationshipって関係性なので誰かと必ずじゃないですか、

そうすると誰かとwithが来るのが当然かなと思うので、

この前置詞忘れないようにしてください。

 

私の生徒さんとかでもシャドーイングとかしてると引っかかるのが

大体前置詞って最初に言うんですよね。

なので前置詞はこういう風にちょこちょこ覚えていくと、

いざシャドーイングする時やスピーキングする時にぱっと出て

一つこう壁を下げるのに役立つので是非やってみてください。

 

前置詞ちょー大事。

それよりも大事なのは発音の筋肉ですね。

是非やってみましょう。

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC長文の勉強方法

それでは、以上です。