今日はTOEICだけじゃなくて 日常生活や外国の方をおもてなしするときにも使える フレーズをご紹介していきます。

いつも通り、口をしっかり柔軟体操したうえで 私が言ったあとにリピートしていきましょう。

早速今日はそういう状況かというのを説明したいんですが、

もしあなたが、外国からのビジターを迎えいれるときにあたって 東京で向かえるんだけれども京都行きたいといわれたとするじゃないですか。

だけれども、お仕事があって来てもらっているのに そんなに長くは来れないので 小旅行を設定しました というおもてなしのつもりで言うというのが今日の大前提です。

 

今日のフレーズ

そのためのこれだけ抑えておけばOKなフレーズは

“a two-day excursion”( 二日間の小旅行)

という意味になります。

 

フレーズの説明

excursionは小旅行という意味で a two-dayで二日間のという意味になります。 なんでdaysじゃないのかって聞かれると思うんですけど、 twoとdayの間に-がありますよね。

これが入るとsがなくなるという感じなので まるまる覚えていただければなと思います。 excursion小旅行なので文頭にaがつきます。 それではこれを使ってしっかりおもてなしできるようにしましょう。

 

今日の応用文

“I’ve booked a two-day excursion to Kyoto”

(私が京都に行く二日間の小旅行を予約しておきました)

最後のKyotoの発音が外国の方に京都と言っても 通じないんですね。 東京もTokyoも同じです。 ややこしいですね。 日本人も結構場所の名前カタカナにしてるんですね。

ペンシルベニアがそうです。 日本人も勝手に地名を解釈してるとこがあるので なのでこれはお相子なので 伝わるようにしてあげましょう。

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC長文の勉強方法

それでは以上です。