今日は、TOEICだけじゃなく、日常生活や外国の方をおもてなしするときにも使えるフレーズをご紹介していきます。

 

今日のシチュエーションは、もしあなたが、外国からのビジターを迎えいれるときにあたって、東京で向かえるんだけれども、「京都に行きたい」と言われたとします。

だけど、お仕事があって来てもらっているのにそんなに長くは行けないので、小旅行を設定しました、というおもてなしの気持ちでお伝えする場合のフレーズです。

 

今日のフレーズ 「二日間の小旅行」

Yuki
“a two-day excursion”
( 二日間の小旅行)

 

フレーズの説明

 

・”excursion” =「小旅行」

・” a two-day” =「二日間」

 

 なぜ”days”じゃないの?と思われるかもしれませんが、”two”と”day”の間に – (ハイフン)がありますよね。

これが入ると”s”がなくなるので、まるまる覚えていただければと思います。

 

“excursion”は「小旅行」で単数なので文頭に”a”がつきます。

それでは、これを使ってしっかりおもてなしできるようにしましょう。

 

今日の応用文 「私が京都に行く二日間の小旅行を予約しておきました。」

Yuki
“I’ve booked a two-day excursion to Kyoto”
(私が京都に行く二日間の小旅行を予約しておきました)

 

最後の”Kyoto”の発音が、外国の方に「京都」と言っても 通じないんですね。

東京と”Tokyo”も同じです。 ややこしいですね。

 

日本人も結構場所の名前をカタカナにしてるんですね。アメリカのペンシルベニアがそうです。

日本人も勝手に地名を解釈してるところがあるので、伝わるようにしてあげましょう。

 

まとめ

今日のフレーズはこちらです。ぜひ活用してみてくださいね!

・”a two-day excursion”
( 二日間の小旅行)

・”I’ve booked a two-day excursion to Kyoto”
(私が京都に行く二日間の小旅行を予約しておきました)

 

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC長文の勉強方法

それでは以上です。