今日もTOEICに役立つプラス海外旅行に役立ちそうかなと思う内容をご紹介します。

海外旅行に行くと何かと年齢を表示しなければならないことってあると思うんです。

例えば、アメリカだとすごくお酒厳しいので、明らかに絶対21歳越えてるのと思うんだけど、毎回お酒を買うたびにパスポートを見させられますよね。

あとはヨーロッパだと美術館行ったときに年齢によって料金が違ったときも見せてといわれたり。

そのようなもののために表現をしっかり覚えてほしいなと思い、作っています。

今日のフレーズ

proof of age(年齢の証明)

フレーズの説明

証明書みたいなものですね。日本だと免許書、保険証、海外だとパスポート等かなと思います。

今日の応用文

 “To be eligible for a senior fare, you must show proof of age.”

(シニア運賃の対象となるためには年齢を証明するものを示さなければならない)

文頭のところがポイントです。to be eligible~で~の対象となる ってなります。

seniorってシニアですね。私は高齢っていう言葉好きじゃないんですけど、まあ60歳とか65歳以上ですかね。

何か入場料とかだと数百円の違いですけど、一番気になるのがレストランとかホテルのビュッフェで60歳以上は2000円引きとかあるんですよね、場所によっては。そういうところだと絶対に見せなくては!となります。自分じゃなくて家族や親戚を見るときになります。

年齢を証明することは大事だなと思いつつ、英語でもしっかり押さえていただければなと思います。

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC長文の勉強方法
 
それでは、以上です。