今日は 劇場でアナウンスが流れたり、説明や確認のやりとりで 出てきそうな表現を紹介します。

今日のフレーズ

intermission of 15 minutes (15分休憩) 

フレーズの説明

intermission=休憩 です。

よく、昔の長い映画はには、intermissionがあったように、 劇も長いので間に休憩があります。 これを応用分でしっかりと覚えてもらおうと思います。

今日の応用文

”There will be one intermission of 15 minutes.”

(15分休憩が1回あります) 

本当に長い劇や映画だと、休憩が2回3回とあることがありますが、 短いやつだと1回だったりします。 なので intermission の前の oneやtwoも大事です。 もしintermissionが2つ以上あるなら、 There will be one intermissions of 15 minutes になります。 例えば、観光で劇を見たりするときに 劇中に何回休憩があるのか聞き取れるようになります。 観光地で聴きとってかっこいい姿を見せてあげてください。

こちらもぜひご確認ください!

TOEIC長文の勉強方法

それでは以上です!