今日もTOEICだけでなく、実際に旅行に行ったときに「ヒヤッ!」としなくていい英語をご紹介します。

旅行は行くこと自体に興奮するんですけれども、意思が通じなかったり、何回もチャレンジしたのに

通じなかったりするとどんどんモチベーションが下がっていって、返ってきた後にもう一度行こう

という気になかなかならなくなってしまうんですね。

 

海外行ったときにどれだけばっちり一発で通じるかということが、

次の旅行にすごく大事だと思っているので、私は旅行に行くときは通じる英語にすごくこだわっています。

 

ですので簡単なものでも「バシッ!」と通じるように今日もご紹介していきます。

 

飛行機の中で実際、食事が運ばれてきたんだけれどもどうも口に合わなかったと。

実際に聞かれているので自分で選んでいるんだけれども、やっぱりもし出来るのであれば変えてほしいな。

という時に一応キャビンアテンダントの方に聞いてみましょう。そのためのフレーズです。

 

今日ご紹介する英語は、

”Can you exchange this fish for an egg?”です。

これちょっとゆっくり言っているんですけれども、実際はもうちょっと早くなりますね。

でも自分で言う場合にはこのスピードでもいいかもしれません。

 

これは"Can you exchange~" – "exchange"で「変える」ですよね。「取り替える」とも言います。

直後に来ているものが今目の前にあるものです。

なので"fish"が目の前にあって、それを「exchangeしてもいいですか?」という風に聞いています。

 

何とexchangeするかというと、”for an egg”です。「卵」ですね。

ま、のっている経験上、魚と卵が同じ土俵の上に載っているのかということはあると思うんですけど、

覚えやすいように特殊な感じにしてみました。

なのでこれでやってみてください。

 

"exchange"の後に来るものを、"for"の後に来るものに変える。というイメージです。

 

結構、夕食や朝食ってステレオタイプがあると思っていましたが、この間バンクーバーから帰ってくる時、

朝食に洋食を頼んだらなぜか、キーマカレーが出てきたんですね。

 

なんだか常識が食われるつつあるなと思ったので、実際に「魚」と「卵」を交換する日も

来るかもしれないなと思ったのでご紹介です。

 

それではしっかり覚えて飛行機の中でかっこよく言えるようにして飛行機に乗り込んでください。