今日もTOEICだけでなく、旅行に行ったときに「ヒヤッ!」しなくて済むための英語をご紹介します。

日本の航空会社を使うとキャビンアテンダントの皆様お優しいんですが、

海外の航空会社を使うとですね、結構CAの皆さん怖い、日本人からすると怖い印象があります。

私もですね、一度"Chicken or fish?"って聞かれて、"fish"と返答したら"please"をつけるまで渡さない。

という経験をしたことがあります。

 

それを怖いととるか仕事に対する誇りと取るのかは個々人の判断だと思うんですけれども、

やっぱり飛行機の中でもキャビンアテンダントの方と快適に過ごすためには言い方を

覚えなくてはいけないなということで一つご紹介です。

 

今日は荷物を上の棚に入れてもらいたいんだけれども、「やっぱり重いので是非お願いします。」

となんかこう「上においてください。」っていう丁寧にお願いする感じの英語をご紹介します。

 

それでは今日ご紹介の内容は、"Could you put this bag up there?"です。

手で上を指さしながらやれば多分やってくれると思います。

 

・"Could you~"が丁寧な表現

・"put this bag"が、「このバッグを置く」

・"up there"が、「上のあそこに」

っていうのが直訳な感じです。

 

ですのでちょっと棚に自分で上げられないから一緒にお願いします。

で、上げてくださいと頼んでまるまるお任せするのではなく、一緒にやったりする感じだと結構

好印象な感じだと思いますのでちょっと考えてみてください。

 

それで海外の場合はキャビンアテンダントも男性のスチュアートの方もいらっしゃいますので、

ムキムキな場合は全然お任せしちゃってもいいと思うんですが、女性の場合は言ってもお仕事の場合でも

なかなかつらいと思うので是非サポートしてあげてください。

 

それでは今日は以上です。