今日はTOEICのリスニングのパート2とか3に出てくるかもしれないんですが、

実際私が旅行で何度も使ったフレーズをご紹介します。

 

私のセミナーに来てくれるTreyなんですけど、アメリカ人で彼ともよく家のサイズとか、

飲み物の量とかの話になると一気に話が通じなくなるんですね。

 

それはなぜかというとアメリカと日本で全然単位が違うからなんですね。

彼は実家に帰ったら、何エーカーの家に住むんだといわれてもこちらには全然「ピン”」と来ないんですね。

 

でこっちは、平方メートルで説明しても「なんだそれ。」なんですね向こうは。

他にも例えば牛乳は、1週間か半週間分くらいのやつが一パック何ガロンなんだよとか言われて、

こっちはリットルっていうと向こうが「え?」みたいな感じになるんです。

 

アメリカと日本は単位が違うので非常に難しいです。

 

それでそれの最たるものが長さですね、向こうがフィートとインチ、

それでこっちはセンチとメートルみたいな感じなので根本が違いますね。

 

なので靴のサイズがすごく面倒なんですね。

実際に展示されているものを履いてみて、これよりも大きいもの小さいものと言えば

済むのかもしれないんですが、明らかにちっちゃい、明らかに大きいもののときは

サイズをしっかり言わなくてはいけないわけですね。

 

そもそも今履いている靴は何センチなんだって話になった時に、しっかりと相手の方に聞けるような英語を

今日はご紹介します。前振りが長くてすいません。

 

それでは、今日ご紹介する英語は、”Can you tell me the size of the shoes in centimeters?”です。

これで、「この靴をセンチメートルで言うとサイズはいくつですか?」という意味になります。

 

"can you tell me~"で聞いているところがポイントかなという風に思います。

多分、何センチだという風に考えると日本人って、"How"とか"What"とか5W1Hとか

思い浮かんじゃうと思うんですけど、「教えて!」っていう風に"Can you tell me~"ですね。

 

それで"Can you tell me the size of this shoes in centimeters?"となります。

 

センチメートルという時には前置詞に"in"を使うのがポイントなので、

併せて記憶にとどめて頂ければという風に思います。

 

そんな感じです。

 

これあれですね、重さとか広さとかもこれを少しいじればなんか応用できそうな気がしますよね。

なので最初はぜひこの靴のサイズをセンチメートルで聞くのをしっかり覚えて頂いて、

口から出して定着してその後にいろいろ応用して頂ければなという風に思います。

 

それでは今日は以上です。