今日は、TOEIC だけではなく、旅行ですごく起こりそうなヒヤリハットを未然に防ぐ英語をご紹介していきます。

今日はですね、私も何度もネイティブの人に注意されて、これは絶対覚えておいた方がいいな、と思う英語をご紹介します。

どういうことかというとですね、日本人は、安全な国に住んでいるので、海外に行ったときに穴だらけなんです。

例えばよく言われるのが、朝食会場で朝食をバイキングで食べに行った時に、自分の荷物を椅子の後ろに置いておいたりすることがあるじゃないですか。

で、楽しく話しながら食べていると、後ろを通った人が、「パっ」っとバックごと持って行ってしまって「あら!」ってことがあるらしくて、ネイティブの人と日本で食事をしているときに、私がバックを下に置いておいたら、「そんなところに置いておいたらメキシコとかアメリカだったら、多分、10分以内になくなっているよ」と注意されたことがありました。

で、それを言った方はもともとラテン系の方なので、アメリカと言っても南の方なので、それが全米でのことということではないとは思いますが、地域とか、いる(住んでいる)人種によっては、下においていたりとか、椅子の背においていたりする荷物も、自分が食事で気づかない間に取られてしまうこともある、ということで、気に留めておかなければいけないということです。

たぶんツアーとかには必ず注意をしてくれる人が必ずいると思いますが、今日ご紹介する英語を知っていないと、せっかく言われても、「あ、そうだ!」と注意する、認識することができないので、今日は誰かに言われたときに理解できるための英語という視点でご紹介します。

「貴重品は気を付けてね」「貴重品は放置してはだめよ」という風に注意されたときにそれをしっかり分かる為に、ご紹介します。

今日の英語は、

Don't leave your valuables.

です。これで、

「貴重品を置いていってはダメよ」

という意味になります。

"valuables"で「貴重品」。

"value"って言うじゃないですか。日本のスーパーでも「バリュー○○」とかってありますよね?

"value"っていうのは、しっかりVを噛んで(下唇を噛んで)もらいたいんですけれど、

"value"というのは「価値がある」という意味なので、

"valuables"で「貴重品」「価値のあるもの」という意味になります。

パスポートとか、クレジットカードなんていうのは以ての外ですね。あとEチケットとか、全部含めて「貴重品」なので、

"valuables"を"leave"=「おいてい(く)」ってはダメだよ、と言ってくれていますので、そういった場合はぜひ身の回りに気を付けてみてください。