今日も、TOEICだけでなく、海外旅行でのヒヤリハットを防ぐための英語をご紹介していきます。

今日はですね、私もけっこう実体験で何度かあるので、ぜひ皆さんにも覚えてほしいな、と思うんですが、普段、日本で大丈夫なものが、海外の疲れとか、気候の変化でダメになることがあります。

たとえばこれ、今飲んでいるのはワインなんですけれども、普段私はすごくお酒が強いんですが、やはり、海外旅行で疲れたりすると、あと、食べ物が変わったりすると、非常に酔いやすくなったり、非常に体調を崩したりといったことも起こってきます。

で、お酒で体調が悪くなるというのは、二日酔いが強くなったりとか、そういう程度なので、お水を飲んでしっかり休んだら、何とかなりそうですが、アレルギーなどが起こったとき、場合によってはアナフィラキシーが起こしたら、すごく大変なことなので、食事をとるときにはすごく注意が必要かな、と思います。

で、私はあまり気にしていなかったんですが、ある旅行の時に、妹と中華料理を食べたんです。そうしたら、妹が見る間に顔が赤くなって、体中が腫れてきてしまったんです。で、ちょっと呼吸も苦しい感じになって、どうしよう(焦)と。

で、持っていたアレルギーの薬を飲んで事なきを得たんですけれど。

でその後いろいろ考えた結論は、「アーモンドオイル」だったんです。海外の中華料理では、「アーモンドオイル」を風味付けで使っていて、それをあまり気づかずに、チャーハンで食べていたら、アレルギー反応が出たんですね。

で、日本に帰ってきて、「アーモンドオイル」を使ってみたら、やっぱりアレルギーが出たので、これだったんだろう、と。

ということで、私は家族で海外旅行に行った時に、中華料理を食べなくなったんです。

私は大丈夫ですが、妹はダメなので。

ということで、ひとつわかったら、次にどうしても食事に行かなければいけない時に、「これ入っていますか?」と聞いて、事前に確認する必要があるかと思います。

例によって前振りが長いんですけれども、そのアレルゲンの含まれている食品を確認する英語をご紹介します。

今日の英語は、

Does this food contain bananas?

です。もしくは、

Does this food have bananas in it?

です。

"in it?"のところは、"in-it"(発音注意)です。

これ、どういうことかというと、二つとも同じ意味なんですが、

「この食べ物にバナナが入っていますか?」

というふうに聞いています。

あえて「バナナ」にしたのは、どの人も覚えやすいようにしようと思ってです。

実際バナナでアレルギーがある人はないと思うんですが、先ほど言ったアーモンドとか、小麦粉とか、卵とか、いろいろありますよね。で、それをこの「バナナ」のところに入れていただければ、アレルギー(アレルゲンが入っているか)を確認することができます。

日本で聞くと、「わかりません」という店員の方もいるんですが、アメリカでは結構シビア、アメリカだけではなく、アレルギーのことを確認している国はたくさんありますので、特にアメリカではかなり(アレルギーのことを)認識しているので、聞けば必ず答えてくれると思います。

なので、過去にそういう経験がある、もしくは日本にいるときもけっこうアレルギー体質だな、と自認している方は、ぜひこのフレーズでアレルギー(アレルゲン)を確認してみてください。

※バナナがアレルギーを引き起こす体質の方もおります。