「この街のどの辺が危険ですか?」

今日もTOEICだけでなく、旅行に行った時のヒヤリハットを防ぐ英語をご紹介していきます。

なぜなら、海外旅行に行った時に、英語が「スルッと」通じることが、その後また海外旅行に行きたいな、と思うか、海外出張楽しいな、と思えるかどうかにかかってくるからです。どちらかと言うと、「通じる」というよりも、自分のモチベーション(維持)のためにやる、という意識を持つと、結構いいんじゃないかな、というふうに、私は普段、自分の生徒にはお伝えしています。

で、今日はですね、これは結構ビジネスパーソンがいろいろなところに出張に行った時に、「これを聞いておけばよかった」、という話を聞くフレーズをご紹介します。

どういうことかと言うと、ビジネスで行かれる方って、いいホテルに泊まることが多いと思います。星が3つ、4つ、5つのところ。

なので、「フォーシーズンズ」とか「リッツ」とか「ヒルトン」とか、そういう感じのところに泊まると思うんですよ。

そういったホテルのある所は立地がいいので、安心してしまうんですね、どうしても。日本人て。

で、泊まって、目の前がきれいだな、と思って、ホテルを出て、ちょっと左に曲がったら、一気に治安が悪い通りになって、「おぉ!」となったりするということをビジネスパーソンから聞くんです。出張の裏話的な感じで。

なので、その方たちがおっしゃっていたのは、ホテルに泊まったら、目の前が綺麗だとしても、必ず、この辺りで危険な地域がどこかということを聞くようにする、とおっしゃっていました。

で、私も女性だけの旅になることが多いので、そんなに安くなく、そこそこ治安のいいところ(のホテル)を選ぶようにしているんですが、やはり出歩くときに、「ここには行ってはいけない」というところをホテルの人に聞くようにしています。

これ、本当に大事で、聞かずにふらついた人が裏路地に追い込まれて、お金とパスポートと、、、全部取られてしまった、って。むしろ、(物を)取られただけで済んでよかった、と言っている人にも何人か会ったことがあるので、ぜひ今日のやつは、ガチで覚えていただけたらな、と思います。

ぜひ、ホテルの人とか、地元の人に、

Which parts of the city are dangerous?

というふうに聞いてみてください。

これで、”parts”っていうのは、”part”、「パート」の複数形なんですけれども、

この町のどの部分が危険ですか?

というふうに聞いています。

そうすると、おそらくホテルには必ず地図があるじゃないですか。それを出して、「ここがまずい」というふうに印をつけてくれると思います。

実は、この前バンクーバーに行った時に、バンクーバーは街全体がすごく綺麗な感じなんですけれど、それでもやっぱりタクシーに乗っているときに、ちょっとだけ汚い街があるな、と思って、タクシーの人に聞いたら、「ここは絶対に降りないで」と言われたんです。

なので、やはり地元の人でないとわからない「ヤバい地域」と「いい地域」とあるので、それはぜひ、特に女性の方は確認しておくといいかな、と思います。

で、男性だからと言って安心せず、最近アメリカ大陸で、完全に都市伝説なんですけれども、バーで独りで飲んでいると、きれいな女性におごってもらって、それに睡眠薬が入っていて、気が付いたら腎臓を抜かれていた、とか、そういう都市伝説が今はやっているじゃないですか。

なので、男性も何が起こるかわかりませんので、ぜひこのフレーズ覚えて危ないところには近寄らないでください。

そして、綺麗な人がおごってくれるお酒は、なるべく飲まないようにようにしていただければ、と思います。

それでは以上です。


7 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連カテゴリー

人気のタグ

こちらもおすすめ