今日もTOEICに効きつつ海外旅行に役立つ内容をご紹介していきます。

今日は、私は本当に地図が読めないので、道によく迷いますので、人にしょっちゅう聞きます。その時の英語をご紹介します。

この間もバンクーバーに行った時に、本当にもう(道が)わからず、2ブロック先の自分の泊まっているホテルに戻ることすらできなかったというのをやりました。なんかもう、よくわからないんですよね。で、地元の人に聞いて、丁寧に教えてもらって、何とかたどり着けました。2ブロックなのに・・・

20分くらいかかりましたね。

ということで、そういう時間の無駄をしないように、今日ご紹介する内容をぜひ覚えていただければと思います。

Excuse me, can you help me with some directions?

(道を教えてくださいますか?)

I want to go there, how can I get there?

(そこへ行きたいのですが、どうすればいいですか?)

というように聞きます。最初の部分ですが、

ちょっとすいません、"can you help me with some directions?"、「ちょっと方向を伺いたいのですが、よろしいですか?」みたいな感じで聞いた後に、

"I want to go there,"、「あそこ(そこ)に行きたいんです」と言って、

"how can I get there?"、ですね。「どうやったらそこに着くのでしょうか?」ということを聞いています。

そうすると、例えば、 "directions"を聞いた後にこれを聞くと、方向はあっちだから、「バスを使いなさい」、「タクシーを使いなさい」、「電車に乗りなさい」とか、いろいろあると思うんですよね、そういうことを教えてもらえると思います。

そうしたら、それに従って目的地に向かえばいいと思いますが、意外と道ってすごく聞く(尋ねる)のに、ネイティブっぽく聞ける人ってなかなかいないんです。それはなぜかというと、ネイティブっぽく聞くフレーズを紹介している旅行本があまりないんです。

たぶん外国人の人たちは、"Can you help me with some directions?"というように聞きます。で、この自然なやつを覚えていくことが、少しでも地元の人に近づく一番の方法ですので、ぜひ今日のフレーズを覚えて使ってみてください。

それでは以上です。