今日もTOEICだけでなく、入国審査ですね、海外旅行、海外出張に行った時の入国審査で、しっかりと対応できるようになるための英語をご紹介していきます。

今回は、飛行機から降りて、入国審査、そこを通ってから荷物、で、空港の外に出るという流れになりますけれども、場合によっては、荷物をゲットしてから、再度チェックがありますよね。外へ出るまでに。

その時にパスポートを見せてほしいので、パスポートをご準備ください、って、係員の方が言っていることがあるんですが、それを日本人は聞き取ることができないんですよね。

まぁ、見よう見真似で、みんなが出しているから、パスポート!って思うかもしれませんが、その時に自分で100%聞き取ることができたら楽しいと思いませんか?

ということで、今日はそれを聞き取るために覚えていただくんですが、

パスポートをしっかりご準備のうえ、検査官、入国審査の人とか、それ以外の人も含むかもしれませんが、そのような人に見せられるようにしてください、という言い方をご紹介します。

Please have your passports ready to hand to the inspector.

(検査官に渡せるようにパスポートを手に持ってください。)

です。これで、

入国審査官、もしくはそこに務めている検査官みたいな人にパスポートを手渡しするために準備をしておいてください。 

という意味になります。

これは結構、文法的に構造が難しいかな、と思います。

"Please have your passports ready"、パスポートを"ready"の状態に"have"してください、ってことですよね。

で、どうするかというと、

"to hand"、手渡す、誰にか?"to the inspector"にです。

なんか、文法的にどこがどうなっているかわからないわ、という方には、丸暗記をお勧めします。

丸暗記は何回かしているうちに文の構造がわかるようになってきますので、もう迷っていたら、時間が無くなってしまうので、丸覚えしてみてください。

それでは以上です。