今日もTOEICにも役立ちそうですが、どちらかと言うと、あなたが空港に誰かお客さんを迎えに行った時に役立つフレーズをご紹介します。

例えばですね、私もこういうことがあったんですが、海外にお客さんを連れて行ったりする時があると思うんですね、お仕事によっては。そうすると、場合によってはフライトがみんな一緒になるとは限らないので、私が先に海外に行って、お客様をお待ちして、空港でお待ちしていて、お迎えに行くみたいなことがあると思います。

そうすると、皆さんにとって一番大事なのは、館内放送ですね。「○○からのフライトが到着しました。」と言ったら、出口で待っていなければいけないので、それがわかるような英文を今日はご紹介します。

あなたがもし海外に先に行って、お客様を空港で待っている場合を想像してください。

それではご紹介します。

JAL is announcing the arrival of Flight 3373 from London.

(ロンドン発のJAL3373便はただ今到着しました。)

です。これで、社名を勝手に使って申し訳ないんですが、

「JALはアナウンスしています。」何をかと言うと、「便名が3373のロンドンからの飛行機が到着しました。」というふうに言っています。

日本から出発して、自分は今別のところにいて、ロンドンからのフライトと言っているので、たぶん乗り継ぎされたんでしょうね。日本からロンドンに行って、ロンドンから今あなたがいる空港に来ているというイメージになります。

なので、こんな感じになっています。

これを聞き取れたら、お客さん来たわ、というふうに思って、お迎えに行くことができますので、ぜひ何度も聞いて覚えてください。

往々にして、空港のアナウンスはゆっくりで聞き取りやすいので、多分何回か練習していけば、しっかり聞き取ることができると思います。

それでは以上です。