今日もTOEICに役立ちそうで、海外旅行で一番役立つものをご紹介していきたいと思います。

どちらかというと、海外旅行寄りですね。で、今日の内容は、また入国審査の時の英語になります。

入国審査で必ず聞かれるのは、「目的」、「何日いるか」、「どこにいるか」ですね。

だいたいこれを聞かれます。なので、「目的」はビジネスなのか、観光なのか、家族に会うのか。

そして、何日間いるのか。で、どこに滞在するのか。例えば、バンクーバーなら、市内の友達の家なのか、バンクーバーのいいホテルなのか、バンクーバーのどこかのairBnBなのか、そういうことを、そんなに詳細はいらないですが、伝える必要があります。

そのうち、今回は「何日間滞在するか」という内容ですが、入国審査官はこういうふうに聞きます。

How long will you be staying?

(どの位の期間滞在予定ですか?)

です。これで

何日間いるんですか?

という意味になります。

日本人が期待しているのが、"How many days ~"を期待するので、何日間?って聞かれるんだろうな、と思っているのに、"How long will you be staying?"って聞かれると、あれ!?ってなってフリーズしちゃうんですね。

でも、もう"staying"って聞かれたら、もう「何日滞在だ?」っていう以外絶対ないので、まぁ、目的は?って場合もあるかもしれないけれど、まぁ、とりあえず日数を言いましょう。

で、私は、何日から何日って言うと、日本との時差があるともう訳が分からないので、何晩ホテルに泊まるかということを言います。

だから、先日私がバンクーバーに行った時は4泊だったので、"4 nights"、「4泊です」と言って終わりにしました。で、もう向こうの入国審査官は「OK、4泊ですね」短いですね~なんて言って、事なきを得るといった感じです。

はい、そんな感じですね。なので、入国審査官にこう聞かれたら、何泊するかと答えるといいかな、と思います。

それでは以上です。