今日はどちらかと言うとTOEICよりも、空港で「え~!!」ってなった時に、その思いを伝える英語をご紹介します。

例えば、あなたが予定の便に乗るために空港に行ったとします。で、もともと天候が怪しいな、思っていたんだけれど、その悪夢が現実となり、あなたが日本に帰るためのフライトが全便欠航になり、何も飛ばないということが判明したとします。

で、ここで引き下がるのが日本人ですが、外国の人はそこで、ガンガン意見をぶつけて、少しでも解決策が引き出せるかどうかの努力をしますので、その時の開口一番の英語をご紹介します。

今日は不満をぶつける

What do you mean, nothing is flying out?

(一便も飛ばないってどういう意味ですか?)

です。これで、

「どういう意味ですか、何も飛ばないって?」と言うことで怒りをぶつけるわけです。

で、怒りをぶつけた後に、何かフライト探してよ、というのをほかの動画で説明していますので、それを見ていただいて、コンビネーションでやっていただくと、もしかしたら、見つけ出してくれるかもしれないです。

やはり、言い方としては、"What do you mean, nothing is flying out?"という感じで、こう、「どういうことなのよ!?」みたいな感じで、語尾を変えるのをお勧めします。

まぁ、こんな状況になったらひどいですけどね。まだ、アメリカとかなら、「飛びません、申し訳ありません。ホテルを取りました。」とまともなホテルだと思うんですが、中国に行く人の話をよく聞くと、便がしょっちゅう欠航するのに、取ってもらったホテルがひどくて、布団に寝たらかゆくて眠れないとか、壁が削れ落ちているとか、排水溝がちゃんとしていなくて、シャワーを浴びると部屋まで水が流れて来ちゃうとか、いろいろあるみたいです。

本当に何も飛ばない、そして現地でもう1泊というのは一番ひどいなと思うので、皆さんにそれが起こらないことを願っています。

それでは以上です。