今日もTOEICだけでなく、旅行で役立つフレーズをご紹介していきます。

最初に英語の関門が訪れるのが、入国審査です。日本から出国して、どこかの国に着いて、入国審査を受けるわけですね。パスポートと入国の書類を書いて、入国審査官といろいろやり取りをしなければいけない感じです。

その列に並ぶときに、市民権を持っている人と外国人ってまず分かれますよね。で、そこがわかりづらいので、必ず係員の人が立っていて、英語で「○○~」と言っているわけですよ。

「○○の国の人はこっち」、「△△から来た人はこっち」って説明しているんですが、そもそも日本人ってそこから分からないんですよね。で、「ちょっとそっちじゃないわよ」とか列が「こっちですよ」とか言われたりするんですよ、現地のぶっきらぼうな方たちに。

それがしっかりと通じるように、今日のフレーズを覚えていただければと思います。

要は結局、「○○から◇◇に並びなさい」と言われたことに対して、「はいわかりました。」と言ってちゃんと並べるようになって欲しいんです。

ということで、今日の内容は

All visitors should line up at booth 1 through 10.

(ビジターはすべて1番から10番までのブースに並んでください。)

です。これで、

すべての訪問者、"visitors"ですね、要は市民権を持っていない人は、ブースの1から10に並んでください。とふうに言われています。

"booth"って審査官が入っているボックスみたいなところ、そこに番号がついていて、そこの1から10にならびなさいということですね。

ジグザグで並んで行ったら、すいているところに順番に入っていく、という感じになります。

これは結構、空港の人ってあまり丁寧じゃない、飽きてしまっているのかな、仕事に。

ムニャムニャ、っと言うので結構わからないんだけれど、「え~わからない???」と言っているうちに怒られて、すいているところに後ろの人が入って行ってしまって、悲しい思いをするので、ここら辺のフレーズ、今日ご紹介の内容をしっかり覚えていただいて、スルスルっと入国審査、通れるようにぜひ頑張ってみてください。