今日は旅行先で起こってしまうことにどう対応するかという英語をご紹介していきます。

ぜひ今日の動画見る前に動画の下に入っている説明文を見てからご覧ください。

(今日の動画はガイドブックに載っていないリアル旅行英語&ヒヤリハットフレーズ集⑦の続きです。)

今日は、交番に行って、いろいろ説明するための英文を2つご紹介します。この2つを覚えておけば多分何とかなると思います。ものを盗られた、掏(す)られた、で、追いかけてみたけどダメだった。そして警察に行った。そしてそこで状況を説明するための2つの文章をご紹介します。

まず1つめ。

“Officer, he took my wallet and my passport.”

“wallet” が「財布」、”passport”が「パスポート(旅券)」です。を、彼は盗りました。「彼」っていうのは泥棒が今「彼」と言う設定ですけれども。

“Officer” というのが「警察」です。

で次は逃げて行った泥棒の特徴を言わなければいけないです。

コンビニって、入り口に線が入っていますが、あれは咄嗟に出て行った泥棒がだいたい(身長)何センチだったかというのがわかるための線なんですよね。犯罪を犯した人の身長を把握するのがすごく大事です。

“He was about six feet tall and had a beard.” です。これで、今想定としては

「(身長)6フィート、180cmくらいでひげのある人だった」ということをしゃべっています。

「CSI」とかをすごく見ていたんですけれど、外見的特徴というのは、パッと盗られた瞬間て、そのくらいしか覚えていないですよね。身長がどのくらいで、ひげがあったかなかったか、男性か女性かくらいです。

なので、この2つの文章を覚えておくといいと思います。

最初の文章で、”He took my wallet” と言っているので、「彼(男性)」とわかります。文脈的に”He”だとおかしい場合は”The theft took my wallet and passport.” というふうに「泥棒が」と言ってください。

ただ、この「泥棒」、”The theft”(の発音)が難しいので、”he”にしておきました。

で、次の”He was about six feet tall and had a beard.”は、”beard”で「ひげ」なんですけれど、もしひげが生えていなかったら、”He had not a beard.”と言ってあげると、「ひげはなかった」になって、特徴が言えます。

この2つの文章を覚えておけば、スリに会って、police officer(警察)に行っても一応言いたいことは言えるかな、と思います。

で、あとはいろいろな書類を書いてと言われるので、それに従って書くという感じになると思います。

お財布はまだ何とかなりますが、パスポートはちょっとシャレにならないので、迅速に対応できるように今日の英語を覚えてぜひ使ってください。

それでは以上です。