shutterstock_385497571


そういえばこの話していなかったなーって思い出し、
連休の中日に書いておこうと思います。


先週卒業した5期は、これからドラマとか映画とか、
そういうもので英語をインストールして行ってもらうのですが


これをやらないと本当にまずいなーと再認識したことがありました。



この間、YLS4期OBで独立起業したYさんのパーティーで
2次会としてクリスとSさんと飲みに行ったんですが、


クリスがちょっとした悩みを打ち明けてきたんです。



それは、「チャラい」と「エロい」って言われるのが
本当は嫌なんだ、ということ。


クリスは私のグループコンサルティングにも
サポートできてくれたんですが、


LA出身も相まって、チャラいキャラ全開でした。
で、YLSメンバーに「チャラいー」って言われまくってたんですが、


クリスの言い分は

チャラい = playboy

エロい = horny (辞書調べてみてください)


だから、そんなつもりはないし、不服だというものです。



クリス的には相手を知りたくてたくさん質問するのだけど、
それはアメリカでは全然当たり前のことなのに、
日本だとチャラいとかエロいって言われるのが納得いかないと。



でも日本人からするとそこまでの意味はなくて、
ちょっとからかっているのと、草食が増えているに日本で
そうやってガツガツ質問してるのが素晴らしいなーという
羨望の眼差しも入っているんだと思うんですよ。


ここら辺クリスに説明したんですけど、あまり納得していませんでした。



やっぱね、言葉の使い方って難しいですよ。

今回のクリスみたいに、直訳して自分の言葉にした瞬間、
一気に納得いかなくなってしまうわけです。

YLSメンバーがどんなに親愛の情でチャラい、って言っていてもね。


そしておそらく私たちも逆をたくさん経験しているはず。


ということで、言語は辞書だけに頼らず、
状況を見ながら覚えていきましょうー=つまりドラマ
と再確認いたしました。




追伸:
最近ディズニーチャンネルのドラマを見ていると、
母が「状況がさっぱりわからない」って言うんですよ。

今のディズニーチャンネルのドラマって、
人種も混ざってるし、SNSだなんだで
母からするとよくわからないんですって、例え日本語で見てもね。


母のドップリだった海外ドラマって、アリーマイラブとかフレンズとかメルローズプレイスで
白人の一定層の登場人物しか出てこなかったですもんね。

今とは違うんですよねーー。