shutterstock_302387999

 

今日は神戸で開催されている国際宝飾展に
師匠が出店するので通訳で来ています。

少しでもお役に立てればなーと思い、昨日の夜に神戸入りしたのですが、
ホテルに着いた瞬間に、自分の出る幕はないなと感じました。

三宮から中国人だらけ。英語使いそうな人全然見かけません。

私は基本的に博愛主義ですが、昨日はちょっとびっくりしました。
中国人の知り合いもいるし、ほとんどはすごく好きんですが

昨日たまたま遭遇した中国人にはカルチュラルショック・・。

バスの席に荷物置いてるのに、その上に座っちゃうし、
列には割り込むし、体当たりしてくるし、歩きながらアイス食べてポタポタ落としてるし、
人が開けたエレベーターに速攻乗っちゃうし、携帯もなぜかハンズフリーで喋っててうるさいし、

たまたま遭遇した大陸の人々はちょっと苦手でした・・。

さて、話は変わりますが、私は基本的に海外のショップの服をオンラインで買うので、
しょっちゅうそこからアグレッシブなメールが届くんですよ。

メールでのセールスって、日本とアメリカって根本的に違うなっていつも思います。

日本のやつって、「流行ってるからよければ買ってねー」って優しい感じですが
アメリカのやつって本当にダイレクトというか、狩猟民族的な匂いがします。

昨日届いて「オォ!」ってなったのは、アメリカの10代後半から20代がターゲットの
あるアパレルメーカーのやつなんですが・・・・。

色んなシチュエーションに合わせたドレス(ワンピースね)を揃えたから
チェックしちゃいなよ!みたいな軽いノリのメールなんですが、

WEDDING GUEST

We'll try not to upstage the bride but…… no promises.
Shop Now!!!

(花嫁のお株を奪わないようにするけど・・・約束はできないわね、ここから今すぐ買って!)

ですよ。

おいおい。花嫁は主役にしてあげようよ。

って、私は思うんですが、アメリカ人の女の子は

「そうだよねー、花嫁より目立っちゃおうかな??ルンルン」って
感じで服を物色するのでしょうか。

初めてアメリカ国民に脅威を感じました。
そりゃトランプ氏は共和党使命を勝ち取るわけだ笑。

ちなみに同日に届いたイギリスのアパレルメーカーのメールセールスは
かなり日本に近くて穏やか。同じ島国だからでしょうか。

ALL ABOUT LINEN
(亜麻のすべて)

という感じのナチュラル爽やか推しでした。

さっきのアメリカのメーカーとターゲット層は一緒ですけどね。

本当に、広告一つ見てもグローバルって面白いです。

追伸:

昨日の経験があったので、中国とかの
メールセールスがどんな感じか気になりますね。

多分、すごくアグレッシブなんだろうな・・・