shutterstock_189539096

 

昨日は天気もどんよりですが、気分もかなりどんよりでした。
サクサクと仕事をして掃除をして、犬をかわいがって
いい感じで過ごしていたんですが、

アメリカ・シンシナティの動物園で、子供が落ちたために
ゴリラが射殺されたニュースを見てしまったからです。

いや・・・・こういう理不尽なニュースってどう受け止めたらいいのやら。

・監督不行き届きの母親への非難
・射殺した動物園をボイコットしよう

そんな声も出てきているようですね。

絶滅危惧種なのに・・・みたいに言ってる人もいますが、
生き物の命にそういうの関係ないかなーって思いますけどね。

CNNのFacebookページの記事には
たくさんのコメントが寄せられていて、
かなり炎上というか、大騒ぎになっていました。

そのコメントを1時間くらい眺めていたのですが、
ちょうど6/25のセミナーのテーマがすごく反映されていました。

みんなコメント長いんですけど、最初に何が言いたいか書かれている。

一方日本人も何人か英語でコメントを投稿していたんですが、
やっぱり状況説明とかがダーーっと書かれてやっと最後に結論。

でした。

天声人語みたいな話の展開になっちゃうんですよね。

それが悪いわけではないんですが、英語を使うときは
相手に伝わりづらくなるので、私はやらないです。

しかももっと言うと、伝わらないだけでなくあなたをフリーズさせます。

▼ 会社で急に英語の電話が来た時

▼ 英語の会議で急に話を振られた時

▼ 旅行先で不意に現地の人に英語で話しかけられた時

口が開いたまま言葉が出ないことってありません?

あれって、頭の中が「英語の会話パターン」に切り替わってないからです。

頭の会話パターン日本語のまま
でも瞬時に英語にしなきゃ

Native何か言ってるからとりあえず聞かなきゃ
聞いてみたもののよくわからん・・・

っていう感じで混乱しちゃいますからね。

日本語と英語では会話の組み立て方が全く違います。
だからそれを頭に入れておかないとフリーズします。

「いやいや、そんなの大丈夫だからー。」

と言う人ほどいざという時フリーズします。

でね、もっと言うと会話のパターンを覚えても
何も話せなくて滑って固まる人もいるんです。

これは、そもそも話すことがない、「英語ネタりょく」が不足しているパターンです。

これ、日本人のビジネスパーソンにすごく多いです。
あと学校の英語の点数が高かった人とか、TOEICの点数が高い人のも見られがちです。

いっそ会社とかに所属しないで放浪している人の方が
ネタがたくさんあるので会話が盛り上がったりしてます。

たとえ英語がブロークンでもね。

ということで、
Nativeの前でもうフリーズしない  
滑らない!固まらない!英会話養成セミナー

を6/25(土) 13:00-17:00で開催します。(開催終了)

http://deepknowledge.lolipop.jp/cs/235/

先日文法セミナーでお伝えした「逆サイトラ」は1文レベルですが
このセミナーでお伝えする「英語の会話組み立て力」は

会話の展開全てをがっちり押さえます。

あと、その会話展開を中学レベルの英語でもできるように、
思考力を鍛えるワークをがっちりします。

ということでお会いできるのを楽しみにしています〜。

これ、「逆サイトラ」の衝撃の20倍くらいです。
(当社比)

追伸:
最近ストレッチと腹筋を再開したのですが、
すごく気分良いですねー。深呼吸とかも一緒にやって
体が良い感じになっていく気がします。