shutterstock_384062152
Joe Seer / Shutterstock.com

類は友を呼ぶといいますが・・・・。
私のセミナーの懇親会でやたらに
同じ匂いを感知している2人の紳士がいます。

YLS卒業生のTさんと、Yuki式英会話購入者のSさんです。

ご年齢もやや近いと思うんですが、
データ管理への想いのアツさが似ているのです。

TさんはYLSで毎週行われている単語テストの点数を
もう1年以上データのしていらっしゃいます。

Sさんはご自身のTOEICの点数を
グラフで管理しています・・・・。

私にはそっち系の趣味が全然ないので
本当にびっくりしてしましますし、感服します。

しかしデータってやっぱり大事だなーと思う発見が
お二人のご報告からわかりました笑。

まず、Tさん集計のYLSの単語テストです。
見えてくるものがたくさんありました。

・ 基本的に全員点数は伸びる

・ YLS4ヶ月目あたりから急に点数が伸びると、プレゼンがかなりレベルが高いものが出てくる

です。

2つ目に関しては5期のKさんと6期のNさんがバッチリ当てはまっていました。

SさんのTOEICの点数に関しては

・ 過去2回、一気に100点伸びた時は、それまでの勉強時間が
累計200時間を超えた時に起こっている。

です。

グラフを見せてもらったんですが、
本当にグーーってその瞬間に伸びているんです。

英語200時間の法則は本当なんだなーと
すごい感心してしまいました。

SさんもTOEIC800点ゆうに超えてますからね。
これからもものすごい楽しみです。

それにしてもこのお二人は、本当にデータが好きなんでしょうね・・。
私にはあまり理解できないでございます。

追伸:
昨日なにげな〜くH&M SportsのCMを見ていたら、
最後に出てきたのがケイトリン・ジェンナーだったんですよ。

この人はモントリオールオリンピック陸上十種競技を世界新記録で優勝した方、
その時は男性でした。

が、トランスジェンダーであることを告白し、性転換も済んでいるそうです。

追追伸:
昨日ミッションインポッシブル見てたんですけど、
英語で聞くと、やっぱりシンプルな単語を使っているなーと思いました。

独特な手袋で、高層ビルを上るシーンでは

"Blue is glue."(青が点滅したらくっつく)

"What is red?" (じゃあ赤は?)

"Dead." (死)

ってやり取りしてました。中学英語じゃん!